仮想通貨のICOとは? 初心者に分かりやすく解説!

仮想通貨の世界では、ICOが盛んですが、仮想通貨のICOは、人気取引として確立したといえます。

ICOとは?

ICOとは、何かプロジェクトを実行するために、一般人から資金を集めることです。円や米ドルなどの法定通貨ではなく、仮想通貨で集めることが多いのが特徴です。ちなみに、ICOは Initial Coin Offering の略です。

似た言葉としてIPOがありますが、IPOは Initial Public Offering の略で、です。東京証券取引所(東証)などの証券取引所に株式を上場することを意味します。IPOをすれば、企業は一般の人から広く資金を集められます。

ICOは、安全?

ICOとIPOは「資金を集める」という点では似た仕組みなのです。ICOで効果的に資金調達できますが、規制レベルがIPOに比べて桁違いに違います。IPOは審査がとても厳しいのが特徴です。

一方、ICOに審査はありません。誰でも自由にICOができます。世界的に見ても、ICOの規制は発展途上です。

ICOの仕組み

ICOとは、新しいプロジェクトの資金調達のためにお金を仮想通貨で集める仕組みのことです。

ICO最大の魅力は、投資が成功すると大きな利益をもたらすところ。
しかし、2017年から2018年には多くのICOが行われましたら、、2019年までに、プロジェクトが失敗してしまい、投資した金額よりも価値が下がってしまうICO割れが起こりがちになりました。

その理由は、ICOは、プロジェクト責任者の経験が浅いケースばかりで、当初の予定通りにプロジェクトが進んでいたとしても、新規株式公開のIPOやベンチャー企業の会社売却に比べて失敗しがちなのです。

最近のICOではCROSSのICOがオススメでしたが、すでに終了済み。

もし、ICOで新しいプロジェクトの投資家になろうと考えているのであれば、ICOはリスクが大きいということを認識して慎重に取引した方が良いでしょう。

ICOに参加すると儲かる?

ICOによります。人気ICOや注目ICO、広告に注力しているICOは、たくさんの金額が集まります。上場するとそれ以上の価格で推移できるのかというと、プロジェクト段階のものが多いので開発がどのフェーズに至ってICOを開催しているのかは公式が出しているホワイトペーパーやWEBサイト、SNSで発表されている情報を参考にすることが必要です。またその情報が本物かどうかを見極める必要があります。

ちなみに、サニーコインや、Monarchとかの仮想通貨ICOがおすすめです。

「仮想通貨のICOとは? 初心者に分かりやすく解説!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です