仮想通貨のメリット・デメリットとは?

仮想通貨のメリット・デメリットには、何があるのでしょう?ここでは仮想通貨初心者の方のために、仮想通貨のメリット・デメリットを解説していきます。

仮想通貨のメリット

メリット(利用目的)

持ち運びしやすい、また、取り扱いが楽

仮想通貨はデジタルデータで管理するので、実物のお金のように財布に入れて持ち運びをしなくても、スマートフォンにデータを入れて送金をすることができます。もちろん、会計もできます。

会計においては、決済端末にスマートフォンをかざすだけなので、かなりスマートですね。

手数料が安くなる

仮想通貨で送金などを行うことにより手数料がかなり安くなります。

その理由は、銀行の中央機関を介していないからです。

人を介さずブロックチェーン技術によってやり取りを残すので、人件費などのコストがかならないので、その分安くでき、結果的に利用者にもメリットになります。

海外でも利用可能

仮想通貨は、国際通貨として海外で両替しなくても利用することができます。

現在においては、まだまだ普及しきってはいませんが、今後の市場拡大はかなり期待できるでしょう

やり取りが明確

仮想通貨の多くにはブロックチェーン技術が用いられているので、やり取りが明解です。

ブロックチェーン技術によって過去のやり取りが明確になり、今後裏金のやり取りが今後厳しくなってくるでしょう。

メリット(投資目的)

値上がり益が大きい

ビットコインは、一年で8倍以上もの値上がりを見せました。

つまり年利800%です。年利800%という数字は、他の金融商品ではまずありません。利益が上がる分、暴落の危険性もあり得るハイリスクハイリターンですが、全部ではなく一部の資金を余裕を持って運用する分にはおすすめです。

仮想通貨には、何千種類もの紺がありますが、jbcoinもこれから値上がりが期待できます。

これからの市場拡大の余地が大きい

現在は、クレジットカードが決済手段として主流ですが、今後決済方法や通貨の代わりとして一般的にも受け入れられてくると、価格高騰が期待されます。

少額からでも保有できる

仮想通貨投資の場合、投資額が少額でも始めることができます。

まずは取引所に登録して日本円で仮想通貨を購入する形になります。スマホかパソコンとインターネットの環境があれば始めることができますので、初心者でも始めやすいでしょう。

リスク分散

仮想通貨は通常、法定通貨とは反対の動きをすることが多いです。

2013年のキプロス危機では、全預金に対して9.9%の課税が行われるとして、多くの人がビットコインに資産を変えました。その結果ビットコインの価格が高騰したという経緯があります。

この事例の様に、今後日本円やUSドルなどの法定通貨にマイナス要因が出てくると、逃避先として仮想通貨が選ばれ、仮想通貨の価格が高騰することが考えられます。

リスク分散として仮想通貨を保有しておいても良いのではないでしょうか?

仮想通貨のデメリット

ハッキングのリスク

仮想通貨は電子データでやり取りを行いますので、不正にアクセスされ他のウォレットなどに送金されてしまうというリスクがあります。これは、ハッキングと言います。

ハイリスクハイリターンの投資

例えば、現在60万円で1BTCで買ったとして、これから1BTCが10万円に下がる危険性もありえます。

なので、仮想通貨への投資をする際は、必ず余裕資金で無理のない計画を立てて行って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です