ブックメーカーを始めるためには、何が必要?

ブックメーカーを始めたいと思った時に、始めるにはいくつか必要なものがあります。

ブックメーカーをするのに必要なものは、下記のとおりです。

通信機器、パソコンとスマホ

ブックメーカーはオンライン上で賭けていくものなので、パソコンかスマホが必要不可欠です。

ブックメーカーはパソコンかスマホによって画面のデザインや機能性が変わります。

ブックメーカーは全体的にスマホの方が機能性が良いです。スマホで外出先でもすぐに賭けることができるので、スマホを使った方がおすすめです。

ブックメーカーは株やFXのように高性能なPCやマルチディスプレイといった様なものは必要なく。インターネットが使えるパソコン・スマホさえあれば十分です。

ブックメーカーに登録する

ブックメーカーをプレイするには、ブックメーカーのサイトを利用して

好きなスポーツや賭け方に賭けていきます。

日本では賭博は禁止されているので、ブックメーカーの会社は日本にはなく、海外のブックメーカーに登録してプレイする必要があります。

海外といっても不安なことはありません。bet365やウィリアムヒル、ピナクルは日本人にも人気があります。bet365の登録や、ウィリアムヒルの登録は、簡単です。3分もあれば完了します。

入出金用のオンライン口座

ブックメーカーをプレイするためには、入金をする必要があります。

ブックメーカーに直接入金をしたり出金することは基本的にはできないので、

オンライン口座を経由して入出金をしていくことになります。

エントロペイとエコペイズはギャンブルの入出金用のオンライン口座です。

現在こちらの2つを経由して、入出金をするのが主流となっています。

本人確認書類

ブックメーカーのサイトやエントロペイ、エコペイズの登録の際に

本人確認をするための書類が必要になります。

基本的に、本人確認の書類としては運転免許かパスポートの写真があれば大丈夫です。また、住所確認の書類が必要な場合は、銀行やクレジットカード会社からの利用明細書か公共料金の領収書・請求書などで問題ありません。

指定されている書類の写真をパソコンかスマホに入れておいて、本人確認時にアップロードをしましょう。

資金

ブックメーカーはお金を賭けてお金を殖やすものなので、

資金が必要です。最初は、1万円~5万円くらいあれば良いと思います。

1万円からでも何倍にも利益を上げられる方法があります。

資金は余裕資金からいくらか用意するようにしてください。

まとめ

ブックメーカーをプレイするのに必要なもの

・通信機器(パソコン・スマホ)

・ブックメーカーのサイト

・入出金用のオンライン口座

・本人確認書類

・資金

となります。

仮想通貨のICOとは? 初心者に分かりやすく解説!

仮想通貨の世界では、ICOが盛んですが、仮想通貨のICOは、人気取引として確立したといえます。

ICOとは?

ICOとは、何かプロジェクトを実行するために、一般人から資金を集めることです。円や米ドルなどの法定通貨ではなく、仮想通貨で集めることが多いのが特徴です。ちなみに、ICOは Initial Coin Offering の略です。

似た言葉としてIPOがありますが、IPOは Initial Public Offering の略で、です。東京証券取引所(東証)などの証券取引所に株式を上場することを意味します。IPOをすれば、企業は一般の人から広く資金を集められます。

ICOは、安全?

ICOとIPOは「資金を集める」という点では似た仕組みなのです。ICOで効果的に資金調達できますが、規制レベルがIPOに比べて桁違いに違います。IPOは審査がとても厳しいのが特徴です。

一方、ICOに審査はありません。誰でも自由にICOができます。世界的に見ても、ICOの規制は発展途上です。

ICOの仕組み

ICOとは、新しいプロジェクトの資金調達のためにお金を仮想通貨で集める仕組みのことです。

ICO最大の魅力は、投資が成功すると大きな利益をもたらすところ。
しかし、2017年から2018年には多くのICOが行われましたら、、2019年までに、プロジェクトが失敗してしまい、投資した金額よりも価値が下がってしまうICO割れが起こりがちになりました。

その理由は、ICOは、プロジェクト責任者の経験が浅いケースばかりで、当初の予定通りにプロジェクトが進んでいたとしても、新規株式公開のIPOやベンチャー企業の会社売却に比べて失敗しがちなのです。

最近のICOではCROSSのICOがオススメでしたが、すでに終了済み。

もし、ICOで新しいプロジェクトの投資家になろうと考えているのであれば、ICOはリスクが大きいということを認識して慎重に取引した方が良いでしょう。

ICOに参加すると儲かる?

ICOによります。人気ICOや注目ICO、広告に注力しているICOは、たくさんの金額が集まります。上場するとそれ以上の価格で推移できるのかというと、プロジェクト段階のものが多いので開発がどのフェーズに至ってICOを開催しているのかは公式が出しているホワイトペーパーやWEBサイト、SNSで発表されている情報を参考にすることが必要です。またその情報が本物かどうかを見極める必要があります。

ちなみに、サニーコインや、Monarchとかの仮想通貨ICOがおすすめです。

仮想通貨のメリット・デメリットとは?

仮想通貨のメリット・デメリットには、何があるのでしょう?ここでは仮想通貨初心者の方のために、仮想通貨のメリット・デメリットを解説していきます。

仮想通貨のメリット

メリット(利用目的)

持ち運びしやすい、また、取り扱いが楽

仮想通貨はデジタルデータで管理するので、実物のお金のように財布に入れて持ち運びをしなくても、スマートフォンにデータを入れて送金をすることができます。もちろん、会計もできます。

会計においては、決済端末にスマートフォンをかざすだけなので、かなりスマートですね。

手数料が安くなる

仮想通貨で送金などを行うことにより手数料がかなり安くなります。

その理由は、銀行の中央機関を介していないからです。

人を介さずブロックチェーン技術によってやり取りを残すので、人件費などのコストがかならないので、その分安くでき、結果的に利用者にもメリットになります。

海外でも利用可能

仮想通貨は、国際通貨として海外で両替しなくても利用することができます。

現在においては、まだまだ普及しきってはいませんが、今後の市場拡大はかなり期待できるでしょう

やり取りが明確

仮想通貨の多くにはブロックチェーン技術が用いられているので、やり取りが明解です。

ブロックチェーン技術によって過去のやり取りが明確になり、今後裏金のやり取りが今後厳しくなってくるでしょう。

メリット(投資目的)

値上がり益が大きい

ビットコインは、一年で8倍以上もの値上がりを見せました。

つまり年利800%です。年利800%という数字は、他の金融商品ではまずありません。利益が上がる分、暴落の危険性もあり得るハイリスクハイリターンですが、全部ではなく一部の資金を余裕を持って運用する分にはおすすめです。

仮想通貨には、何千種類もの紺がありますが、jbcoinもこれから値上がりが期待できます。

これからの市場拡大の余地が大きい

現在は、クレジットカードが決済手段として主流ですが、今後決済方法や通貨の代わりとして一般的にも受け入れられてくると、価格高騰が期待されます。

少額からでも保有できる

仮想通貨投資の場合、投資額が少額でも始めることができます。

まずは取引所に登録して日本円で仮想通貨を購入する形になります。スマホかパソコンとインターネットの環境があれば始めることができますので、初心者でも始めやすいでしょう。

リスク分散

仮想通貨は通常、法定通貨とは反対の動きをすることが多いです。

2013年のキプロス危機では、全預金に対して9.9%の課税が行われるとして、多くの人がビットコインに資産を変えました。その結果ビットコインの価格が高騰したという経緯があります。

この事例の様に、今後日本円やUSドルなどの法定通貨にマイナス要因が出てくると、逃避先として仮想通貨が選ばれ、仮想通貨の価格が高騰することが考えられます。

リスク分散として仮想通貨を保有しておいても良いのではないでしょうか?

仮想通貨のデメリット

ハッキングのリスク

仮想通貨は電子データでやり取りを行いますので、不正にアクセスされ他のウォレットなどに送金されてしまうというリスクがあります。これは、ハッキングと言います。

ハイリスクハイリターンの投資

例えば、現在60万円で1BTCで買ったとして、これから1BTCが10万円に下がる危険性もありえます。

なので、仮想通貨への投資をする際は、必ず余裕資金で無理のない計画を立てて行って下さい。