早く筋トレ効果を実感するには?

早く筋トレ効果を実感する方法について解説します。

筋肉量の効果を実感できるのは、3カ月位後が目安です!

健康効果も期待でき、そして筋肉も付けられる筋トレですが、自分の筋肉にみずから負荷をかける方法になります。実際筋肉が付いてきたと何となく感じられるのは、約3カ月後といわれています。

3カ月をこえて筋トレを継続することの難しさは、人それぞれの感じかたによりますが、今まで着ることができていて服がきつくなってきたなど、筋肉が付いてきたということを実感することができれば、筋トレもより楽しくなってくると思います。

最初の3カ月を何とか頑張って継続することが、その後の体を大きく変えることに繋がといえそうです。

筋トレをした後に重要なことは、しっかりとした栄養補給と睡眠であるといわれています。筋トレをすることで筋肉に負荷がかかり、内部の筋繊維がダメージを受けます。

ダメージを受けた筋繊維を体は修復しようとしますが、その際以前より負荷に強い筋繊維に修復しようとします。

筋繊維の修復のときに必要な栄養素や睡眠が足りないと、せっかく負荷をかけて筋トレをしても、筋肉がなかなか付かないということになるかもしれません。

なので、筋トレをしたからといって安心せずに、栄養豊富な食事を取りながら、プロテインやサプリメント、筋トレサプリなどを必要に応じて活用し、十分な睡眠をとるといった様なところまで気を抜かないことが大事だといえるでしょう。

筋肉が付いてきたと実感できるのは、3カ月程度が目安です。さらに、他人にそれを気づいてもらうには、さらに3カ月である6カ月程度を要するといわれています。この様な期間をしっかりと自己管理し、筋トレを継続することにより、少しずつ他人からの見た目も変わってくるでしょう。

筋トレをした結果、全員が同様に筋肉が付いてくるというわけではなく、筋肉の成長や付きかたには個人差があります。その理由は速筋繊維と呼ばれる筋繊維の量や、テストステロンという筋肉の成長に必須のホルモン量の違いがあるからです。

これらの量は遺伝的に決まると言われています。速筋線維やテストステロンが多いという人は、元々筋肉が付きやすいようです。

また筋肉には記憶力があると言われていて、過去筋肉が多かった体は、たとえ一度筋肉が落ちても再度筋肉を付けやすいと言えます。遺伝的な部分は変えられませんが、少しずつでも筋肉を付けていくことにより、筋トレの効果がでやすい体質に変えることはできると言えるでしょう。

筋トレによる脂肪燃焼効果を実感できる期間とは?

筋肉を増やすだけでなく、脂肪燃焼によるダイエット効果を期待している人も多いのではないでしょうか?筋肉質な体を目指している方以外にも、不要な脂肪を落とせればそれで満足という人もいるでしょう。

筋トレをすることによる脂肪の燃焼については、7日から10日ぐらいの筋トレにより実感することができるようです。

脂肪の場合、筋トレをした部位の脂肪だけが燃焼されていくというわけではなく、体全体の脂肪がまんべんなく燃焼します。そして、筋肉は筋トレをした部位だけに付いていくので、それに比べて短期間で脂肪の燃焼は実感できるでしょう。

他の人から「筋肉が付いてきたね」と気づかれるのは、およそ6カ月ぐらいかかるようです。しかし、脂肪を落とすことによる見た目の変化においては、3カ月ぐらいで気付いてもらえると言えます。痩せている人が筋肉を付けるより、太っている人が脂肪を燃焼させるほうが、変化は分かりやすいということが言えます。

仮想通貨のICOとは? 初心者に分かりやすく解説!

仮想通貨の世界では、ICOが盛んですが、仮想通貨のICOは、人気取引として確立したといえます。

ICOとは?

ICOとは、何かプロジェクトを実行するために、一般人から資金を集めることです。円や米ドルなどの法定通貨ではなく、仮想通貨で集めることが多いのが特徴です。ちなみに、ICOは Initial Coin Offering の略です。

似た言葉としてIPOがありますが、IPOは Initial Public Offering の略で、です。東京証券取引所(東証)などの証券取引所に株式を上場することを意味します。IPOをすれば、企業は一般の人から広く資金を集められます。

ICOは、安全?

ICOとIPOは「資金を集める」という点では似た仕組みなのです。ICOで効果的に資金調達できますが、規制レベルがIPOに比べて桁違いに違います。IPOは審査がとても厳しいのが特徴です。

一方、ICOに審査はありません。誰でも自由にICOができます。世界的に見ても、ICOの規制は発展途上です。

ICOの仕組み

ICOとは、新しいプロジェクトの資金調達のためにお金を仮想通貨で集める仕組みのことです。

ICO最大の魅力は、投資が成功すると大きな利益をもたらすところ。
しかし、2017年から2018年には多くのICOが行われましたら、、2019年までに、プロジェクトが失敗してしまい、投資した金額よりも価値が下がってしまうICO割れが起こりがちになりました。

その理由は、ICOは、プロジェクト責任者の経験が浅いケースばかりで、当初の予定通りにプロジェクトが進んでいたとしても、新規株式公開のIPOやベンチャー企業の会社売却に比べて失敗しがちなのです。

最近のICOではCROSSのICOがオススメでしたが、すでに終了済み。

もし、ICOで新しいプロジェクトの投資家になろうと考えているのであれば、ICOはリスクが大きいということを認識して慎重に取引した方が良いでしょう。

ICOに参加すると儲かる?

ICOによります。人気ICOや注目ICO、広告に注力しているICOは、たくさんの金額が集まります。上場するとそれ以上の価格で推移できるのかというと、プロジェクト段階のものが多いので開発がどのフェーズに至ってICOを開催しているのかは公式が出しているホワイトペーパーやWEBサイト、SNSで発表されている情報を参考にすることが必要です。またその情報が本物かどうかを見極める必要があります。

ちなみに、サニーコインや、Monarchとかの仮想通貨ICOがおすすめです。

仮想通貨のメリット・デメリットとは?

仮想通貨のメリット・デメリットには、何があるのでしょう?ここでは仮想通貨初心者の方のために、仮想通貨のメリット・デメリットを解説していきます。

仮想通貨のメリット

メリット(利用目的)

持ち運びしやすい、また、取り扱いが楽

仮想通貨はデジタルデータで管理するので、実物のお金のように財布に入れて持ち運びをしなくても、スマートフォンにデータを入れて送金をすることができます。もちろん、会計もできます。

会計においては、決済端末にスマートフォンをかざすだけなので、かなりスマートですね。

手数料が安くなる

仮想通貨で送金などを行うことにより手数料がかなり安くなります。

その理由は、銀行の中央機関を介していないからです。

人を介さずブロックチェーン技術によってやり取りを残すので、人件費などのコストがかならないので、その分安くでき、結果的に利用者にもメリットになります。

海外でも利用可能

仮想通貨は、国際通貨として海外で両替しなくても利用することができます。

現在においては、まだまだ普及しきってはいませんが、今後の市場拡大はかなり期待できるでしょう

やり取りが明確

仮想通貨の多くにはブロックチェーン技術が用いられているので、やり取りが明解です。

ブロックチェーン技術によって過去のやり取りが明確になり、今後裏金のやり取りが今後厳しくなってくるでしょう。

メリット(投資目的)

値上がり益が大きい

ビットコインは、一年で8倍以上もの値上がりを見せました。

つまり年利800%です。年利800%という数字は、他の金融商品ではまずありません。利益が上がる分、暴落の危険性もあり得るハイリスクハイリターンですが、全部ではなく一部の資金を余裕を持って運用する分にはおすすめです。

仮想通貨には、何千種類もの紺がありますが、jbcoinもこれから値上がりが期待できます。

これからの市場拡大の余地が大きい

現在は、クレジットカードが決済手段として主流ですが、今後決済方法や通貨の代わりとして一般的にも受け入れられてくると、価格高騰が期待されます。

少額からでも保有できる

仮想通貨投資の場合、投資額が少額でも始めることができます。

まずは取引所に登録して日本円で仮想通貨を購入する形になります。スマホかパソコンとインターネットの環境があれば始めることができますので、初心者でも始めやすいでしょう。

リスク分散

仮想通貨は通常、法定通貨とは反対の動きをすることが多いです。

2013年のキプロス危機では、全預金に対して9.9%の課税が行われるとして、多くの人がビットコインに資産を変えました。その結果ビットコインの価格が高騰したという経緯があります。

この事例の様に、今後日本円やUSドルなどの法定通貨にマイナス要因が出てくると、逃避先として仮想通貨が選ばれ、仮想通貨の価格が高騰することが考えられます。

リスク分散として仮想通貨を保有しておいても良いのではないでしょうか?

仮想通貨のデメリット

ハッキングのリスク

仮想通貨は電子データでやり取りを行いますので、不正にアクセスされ他のウォレットなどに送金されてしまうというリスクがあります。これは、ハッキングと言います。

ハイリスクハイリターンの投資

例えば、現在60万円で1BTCで買ったとして、これから1BTCが10万円に下がる危険性もありえます。

なので、仮想通貨への投資をする際は、必ず余裕資金で無理のない計画を立てて行って下さい。